Trans New Technology, Inc. / 株式会社トランス・ニュー・テクノロジー

お客様の真の満足を実現するため、常に最適な構造に挑戦する技術者集団であること。新技術のさらなる先へ

製品

BSD/Nios II

パンフレットのダウンロードはこちらから

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーションの日本法人、日本アルテラ株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長:日隈寛和 以下、アルテラ)と、株式会社トランス・ニュー・テクノロジー(本社:東京都荒川区、代表取締役社長:木村光範、以下、TNT社)は2008年12月25日、TNT社が、アルテラのエンベデッド・プロセッサ「Nios® II」(ニオス ツー)をサポートするNetBSDオペレーティング・システム(以下、NetBSD OS)ソリューション、「BSD/Nios II」(ビーエスディー オン ニオス ツー)の提供を、2009年1月から開始することを発表いたします。

(さらに…)

SenoBee

パンフレットのダウンロードはこちらから

SenoBeeの特長

多彩な搭載センサ

温度・湿度・気圧・照度・焦電赤外線・加速度(3軸)・磁気・においの測定・検出が可能です。
この他に、拡張可能な絶縁ディジタル入力を備えています。

(さらに…)

システムフィクサーZ

パンフレットのダウンロードはこちらから

現代の複雑化したシステムにおいては、システムに不具合が生じた場合の解析難易度がますます増大しております。原因不明の不具合が生じ、システム全体が使い物にならない、というトラブルも頻発しております。システムの開発はツールの充実などにより容易になってきていますが、これが解決できない不具合が生じたときの問題解析をますます困難にしています。さらに、ハードウェア・ソフトウェアでモジュール別に切り分けられた開発が容易になったため、モジュール間の問題の切り分けやモジュールを横断した不具合の解析などが困難になってきております。

TNTは以前より不具合の障害解析や修正、パフォーマンス向上などを数多く手がけています。多くの不具合では問題解決に導くために総合的な解析を行うことが必要ですが、TNTはハードウェア・ソフトウェアに関する多くの分野において、高いスペシャリティを持っているメンバを有しており、困難な問題を数多く解決してきた実績があります。

TNTでは、従来より、これらの不具合に関するサービスの多くを、開発案件に付随した形で受注してきました。今回開始した「システムフィクサーZ」は、不具合レスキューに特化したサービスです。TNTの高いスペシャリティにより「システムフィクサーZ」は、より多くの困難な問題を解決していきます。

(さらに…)

高速正規化相関サーチエンジン

画像のサーチは画像処理の要素技術の一つで、カメラの撮影画像などのサンプル画像から、あらかじめ登録したリファレンス画像と最も一致する場所を求める処理です。画像検査装置をはじめとした各種産業用装置において対象物の位置決めや外観検査などに用いられ、装置の速度や精度に影響するため高速な処理が求められます。正規化相関サーチは、サンプル画像の各座標において、リファレンス画像との間で画像同士の類似度である相関値を計算することで一致の度合いを求める手法です。この手法は忠実に画像の相関性を演算処理するため、画像の特性によらず高い精度が得られる利点があるものの、演算量が多いことで処理時間が問題になっていました。

(さらに…)