Trans New Technology, Inc.
商品サービス
NetBSD on Nios II
システムフィクサーZ
GommaDof
SenoBee
高速正規化相関サーチエンジン
TransNetwork
TransNumeric
TransDBAction
TransCollaboration
TransHardware
TransGNU
TransEducation
TransDiamonds
会社案内
プレスルーム
IR情報
採用情報
北海亭ブログ
個人情報保護方針
お問い合わせ
サイトマップ
TOP
TNTの商品サービスについてのお問い合わせは電子メールにて info@trans-nt.comまでお願いいたします。 パンフレットのダウンロードはこちらから

BSD/Nios II

 プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーションの日本法人、日本アルテラ株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長:日隈寛和 以下、アルテラ)と、株式会社トランス・ニュー・テクノロジー(本社:東京都荒川区、代表取締役社長:木村光範、以下、TNT社)は2008年12月25日、TNT社が、アルテラのエンベデッド・プロセッサ「Nios® II」(ニオス ツー)をサポートするNetBSDオペレーティング・システム(以下、NetBSD OS)ソリューション、「BSD/Nios II」(ビーエスディー オン ニオス ツー)の提供を、2009年1月から開始することを発表いたします。

 これにより、アルテラのFPGA用(FPGA搭載用)ソフトコア・プロセッサNios II で使用できるオープンソースOSが拡充し、従来のμITRON(マイクロアイトロン)ベースのT-Engine、TOPPERSに加え、新たにNetBSDが加わることで、より広範なアプリケーションの開発環境をサポートすることが可能となります。

TNT社の「BSD/Nios II」で提供されるソリューションは、以下のとおりです。

  • Nios II 対応 NetBSD OS(基本版)
  • Nios II ベースシステム設計のトータルサポート
  • ユーザー機器に合わせたNios II のチューニング
  • チューニングされたNios II に対するNetBSD OS(カスタマイズ版)の提供
  • 既存ソフトウェアリソースのハードウェア化
  • ソフトウェアとハードワイヤードロジックの最適配分設計
  • Nios II 関連開発ツールのサポート

 NetBSD OSをはじめとするBSD系オペレーティング・システムは、MMU(メモリ・マネジメント・ユニット)機能を利用するオープンソースOSです。ネットワーク接続に強いという特性を持ち、大量データを扱うハイエンドルータ/スイッチから、プリンタ、コピー機などの組込み機器まで幅広く採用されています。こうしたアプリケーションにおけるネットワーク・プロトコル開発のスピードは非常に速く、高速処理を実現するアルテラのFPGAと、MMU機能を持つアルテラのエンベデッド・プロセッサNios II の組み合わせは、多様化かつ高速化が求められるプロトコル処理に適しています。

 TNT社 代表取締役の木村 光範は、以下のように述べています。
「当社はBSD系オペレーティング・システムに関連する高い技術・ノウハウを持ちます。こうした技術力を生かし、今後もNios II エンベデッド・プロセッサのソフトウェア環境の整備を進め、通信や数値計算を始めとした高いパフォーマンスが要求される分野に対し、アルゴリズムのハードウェア化を含むシステムの開発・提案を行ってまいります。また、本件の成果を元に、NetBSDをはじめとするソフトウェア開発コミュニティへの貢献を、より一層強化してまいります」。

 日本アルテラ マーケティング・ディレクターの堀内 伸郎氏は、以下のように述べています。
「TNT社によるNetBSD OSサポートの提供は、当社のNios II プロセッサが搭載するMMU機能を実証するものです。今後も、大量データを扱うハイエンドのネットワーク機器や、高速な画像処理を必要とするプリンタ、ビデオなどにおいて、Nios II プロセッサを搭載したFPGAハードウェアの利用はますます広がることでしょう」。 TNT社の「BSD/Nios II」ソリューションは、2009年1月より提供開始します。
詳細は、http://www.trans-nt.com/services/bsd-nios2/ をご覧ください。
Nios II エンベデッド・プロセッサについての詳細は、http://www.altera.co.jp/nios2 をご覧ください。

NetBSD オペレーティング・システム(OS)

NetBSDは国際的なコミュニティによって開発が進められているUnixライクなオープンソースのOSです。そのソースコードは、GPL等とは異なり、ビジネスとの親和性が高いBSDライセンスが設定されており、ほとんど制限なく無償で利用可能です。NetBSDは、整理された設計と先進的な機能を特徴としており、巨大サーバシステムからデスクトップ端末、ハンドヘルドや組込機器に至るまで、様々のプラットフォームで利用可能で、高い移植性を持っています。
詳細:http://www.netbsd.org/

Nios II

アルテラのNios II は、業界で最も高い評価を得ているコンフィギュラブルな、32 ビットのFPGA搭載ソフト・マイクロプロセッサです。これまでに全世界で20,000セット以上の開発キットが販売されており、大手電機メーカーを含む5,000以上の幅広い顧客アプリケーションで採用されています。ガートナー社の「マーケット・トレンド:ASICデザイン・スタート2007」レポートでは、FPGA業界で最も広範に使用されているソフト・プロセッサであると認められました。

株式会社トランス・ニュー・テクノロジー

TNT社は「新技術のさらなる先へ」を目指すテクノロジー集団です。各分野のスペシャリストで構成されたコンピュータ関連の「特殊部隊」を自負し、研究開発型企業や大学等の研究機関との共同開発、新規事業の立ち上げ、難易度の高い障害解析などを中心に事業展開をしています。ネットワークプロトコル・コンパイラ・CPUの研究開発、FPGA・デバイスドライバ・ファームウェアの開発、グリッドコンピューティング、並列コンピューティング、数値計算から、経営・マーケティング・医療・福祉情報システム、コミュニケーション支援システム等データベースやXML,Webをベースとしたシステムに至るまで広い範囲の技術を有し、お客様に感動品質を提供しています。
詳細:http://www.trans-nt.com/

アルテラ・コーポレーション

アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988年にNASDAQに上場しました。FPGA/CPLD、ASICなど、カスタム・ロジックの分野におけるテクノロジー・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は1990年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本におけるPLD市場でトップシェアを維持しています。
詳細:http://www.altera.co.jp/

※Altera、The Programmable Solutions Company、アルテラのロゴ、弊社特定デバイスの定義、およびその他の商標ならびにサービス・マークを意味する語彙は、特記されていない限り、すべてアルテラ・コーポレーションの米国及びその他の国における登録商標、商標またはサービス・マークです。その他記載されている製品名あるいはサービス名は各所有企業に帰属します。